企業と関連機関の共創で佐久発の健康長寿と産業活性化を、力強く応援します。

産業支援センターについて

ごあいさつ

代表理事 樫山 徹

代表理事 樫山 徹

佐久産業支援センターは、佐久市健康産業振興ビジョンに基づき、地域資源の強みを生かした産業の創出と育成を目的とし、連携強化による新たな活力の創出を目指して、佐久市、佐久商工会議所、臼田町商工会、佐久市望月商工会、浅科商工会、佐久市工場協会により設立されました。

各支援機関や学術機関などと連携しながら、佐久市の資源であり強みでもある医療・健康関連の新たな産業の創出と、新技術開発、生産性向上、人材育成、起業促進など、市場のニーズと企業のシーズを繋ぎ、地域産業発展のため各種支援や事業を積極的に展開します。

佐久市長 栁田 清二

佐久市長 栁田 清二

人口減少時代に突入した今、佐久市が将来にわたって選ばれるまちとして活力を維持していくためには、多くの市民の雇用を創出している「ものづくり産業」や成長が期待される「ヘルスケア関連産業」の活性化が、必要不可欠であると考えております。

政府は、国内経済につきまして、海外経済の回復が続くもと、雇用・所得環境の改善が続き、経済の好循環が更に進展する中で、民需を中心とした景気回復が見込まれるとしておりますが、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響などもあり、市内経済におきましては、依然として厳しい状況が続くことが予想されます。

また、「第4次産業革命」とも呼ばれるIoTや人工知能(AI)、ロボットなどによる技術革新は、従来にないスピードで進行しており、これらの変化にも対応していかなければなりません。

こうした諸情勢に対応し、地域が持続的な発展を遂げるため、佐久市では、平成29年3月に平成38年度までを計画期間とする「佐久市健康長寿産業振興ビジョン」を策定し、「健康長寿」という地域の強みを生かしたヘルスケア関連分野における新たな産業の創出や地域産業全体の活性化を推進するため、支援機関の設置及びその具体的機能等について、関係の皆様とともに検討を進めてまいりました。

そしてこの度、市内商工団体、工場協会との連携により、「一般社団法人佐久産業支援センター」を設立する運びとなりました。

今後は、本センターを中心に、関係機関・団体等と連携し、佐久市の産業振興に資する各種施策を展開してまいりますので、なお一層のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

結びに、本センターの設立に当たり、ご意見等をいただいた企業や関係機関など、ご協力をいただいた多くの皆様にお礼を申し上げます。

SOIC(ソイック)と呼んでください

英語呼称は、SOIC(Saku Open Innovation Center)です。産・学・医・民・官のオープンイノベーション(共創)で、佐久発の健康長寿と産業活性化を力強く応援します。皆様から「ソイック」と呼んでいただき、親しまれ、頼りになるセンターを目指します。

産・学・医・民・官・共創リンク。OPEN INNOVATION

スタッフ

遠藤センター長

遠藤センター長

大手外資医療機器メーカーのヘルスケア部門出身で、ドイツ・韓国での6年間の海外赴任を含め、医療機器のマーケティング・事業戦略を38年間担当してきました。
2003年には日本法人の経営に携わり組織風土改革のプロジェクトを担当、当時の最新の働き方を導入し、NHKスペシャルに取り上げられました。その後、一般社団法人 日本医療機器振興会 理事長、および、東京の貿易会社の経営顧問を歴任し、2019年4月から佐久商工会議所ビジネスキャリアセンター長を務めています。

稲生センター長

稲生コーディネーター

大手電機メーカー出身で、医療機器用センサーデバイス等の開発・事業運営の知識・経験を有しています。生体情報処理の要である幅広い分野のセンシングデバイスや信号処理技術に明るく、ヘルスケアを含む幅広い技術領域で支援します。
更に、長野県テクノ財団にて、国の重点産業分野であるメディカル・ヘルスケア関連の産業育成コーディネーターとして業務を推進してきました。国・県・大学及び大手企業とのネットワークを保有しており、産学官の連携を支援します。

丸山コーディネーター

丸山コーディネーター

大手情報通信システムメーカー出身で、コンピュータ・ストレージシステムの開発者として、マーケティング、デバイス・装置・システム技術に幅広い知識・経験を有しています。また、国内工場及び海外拠点への赴任を通じて、国内外の生産における品質、原価、サプライチェーンにも精通しています。新事業に向けた製品開発や販路開拓などにおいて、企画・開発・生産・サプライチェーン・保守のトータルプロセスで総合的に支援します。

飯塚コーディネーター

飯塚コーディネーター

大手精密機器・デバイスメーカー出身で経理・情報システム・人事労務・企画に従事し、企業の上場、海外事業の立上げ、経理、税務、株主総会等で、幅広い知識・経験を有しています。法人の経営実務及びマネジメント業務など、経営全般で支援します。

染谷コーディネーター

染谷コーディネーター

大手半導体製造装置メーカー出身で、印刷・半導体・ディスプレイパネル・バイオ関連など幅広い分野における新開発・新事業の探索に携わり、産官学連携・オープンイノベーションを推進してきました。経産省所管法人への出向やナショナルプロジェクトなどの経験と、オープンイノベーションの活動や副業の企業アライアンスの仕事を通じて得た東京圏のネットワークも活かして、新事業に向けた異業種連携、ビジネスマッチングを支援します。

これからの展開

産・学・医・民・官・共創リンク 企業を支援。
●成功パターンを集め、学び、広めて、支援を寄り強化します。
●連携組織を増やし、人と人の絆を深めてリンクを拡大します。
●専門家の力を結集し、新たな人財育成プログラムを提供します。

創る。

地域医療機関や大学と企業をつなぎ、
医療・ヘルスケア商品開発をサポート。

高める。

最新技術情報や専門家のセミナーで、
ロボットやIoTによる効率UPを実現。

交わる。

業種や地域を越えた協同プログラムの
推進で、新たな健康長寿産業を創造。

伝える。

地域企業の「見せる化」を推進。
WEBサイトを構築し、世界に発信。

確める。

病院や生活環境で機器・サービスの
テストや評価をお手伝い。

拡げる。

JICA、JETROの支援プログラムを活かして、海外への事業展開をお手伝い。

拓く。

展示相談会開催や、医療機器メーカー
とのマッチング新販路を開拓。

育てる。

経営層、実務層それぞれの教育プログラム、を開発。人材確保策も企画提案。

支える。

豊富なノウハウで
新規投資への各種補助金獲得を支援。

寄り添う。

個別企業の現場での悩みに
プロフェッショナルが適切にアドバイス。

Q&A たとえば、こんなニーズにお応えします。

自社の技術、アイディアを生かしてヘルスケアで起業したい。
産業支援センターのネットワークを生かして、異業種との連携をサポートします。
AIなどの最新技術のノウハウで自社の製品、サービスを進化させたい。
技術セミナーの開催、専門家による現場指導を行います。
現状にとらわれず販路を開拓したいが、どうすればいいか分らない。
展示会·商談会を通して医療機器·ヘルスケアメーカーとのマッチングを行います。
将来を考え、もっとプロフェッショナルな人財を育成し、確保したい。
技術·品質·経営など、幅広い分野で人財教育を実施すると共に、ネットワークを通じて人財の確保を推進します。
異業種とのコラボレーションで、ヘルスケア事業を拡大したい。
企業間のコア技術情報を繋ぎ、プレメディカル産業の集積を進めます。
海外に拠点を持ちたいが、詳しいアドバイスが欲しい。
JICA·JETROと連携し支援制度を紹介、活用します。
自社の技術、サービスをもっとたくさんの人、企業に知ってほしい。
産業支援センターのホームページで地域企業の「強み」情報を発信します。
業務、サービスの効率を上げたいが、どうしたらよいか分からない。
県の支援機関と連携し、ご相談に応じた専門アドバイザーをご紹介します。
現場に張り付いてアドバイスできる専門家の助けを借りたい。
専門知識を持ったアドバイザーによる個別指導を行うと共に、県の支援機関と連携して支援を行います。
職場の雰囲気を良くして、仕事の効率を高めたい。
従業員の皆様の働きがいを高めることを目的とした、ワークライフバランスセミナーを開催します。
これからどのような技術、サービスが求められるのかを知りたい。
産業支援センターのホームページを開設し、関連支援機関と連携したサービス内容を発信します。
地域で健康を考えている人とネットワークを作りたい。
地域の病院、介護施設、大学との学びの場を提供します。
  • 入会のご案内・入会申込書ダウンロード
  • お問い合せ・相談窓口
  • 佐久商工会議所ビジネスキャリアセンター
  • 関連機関 一覧